読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイク(新生銀行)の審査は他のカードローンと比較してみてどうなのか

レイク(新生銀行)の審査は他のカードローンと比較してみてどうなのか・・・消費者金融の中でもレイクを選ぶ人が多いのはどうしてなのか?

レイク審査と条件

レイクは以前は大手の消費者金融として知られていましたが、現在では新生銀行のカードローン部門として営業していますので、銀行系のローンとして取り扱われています。このことから、消費者金融系や信販系会社のように、利用者の年収によって利用限度額の上限に制限がかかる総量規制の対象外となっており、信頼性のある人であれば、収入に関係なくまとまった金額の借り入れができるようになっています。銀行系ということで若干消費者金融系よりも審査が厳しい傾向にありますが、消費者金融としてのノウハウがありますので、申し込みの簡便さ、提携先atmや自社の無人契約機の多さ、融資までのスピードなど、利用者にとって便利なサービスを提供しています。また、銀行系ならではの豊富な資金力による高額の利用限度額、金利の低さ、安心感なども魅力で、これから借り入れをしたい人にとっておすすめのローンの一つです。


レイクで借り入れをするときの条件は、年齢が20~75歳の範囲内であることと、継続的な収入があることとなっています。レイク審査は消費者金融系ほど通りやすくはありませんが、上記の条件をクリアしており、過去に金融事故などを起こした履歴がない人であれば、比較的利用しやすくなっています。審査結果はスピーディーで、在籍確認などが問題なくすめば、申し込みをしたその日のうちに結果を聞くことができます。


大まかな審査の流れとしては、まず、融資の申し込みを行います。オンラインや電話、店頭窓口など様々な手段がありますが、新規申し込みの用紙に必要事項を記入して、本人確認書類として運転免許証などを提出するだけです。100万円を超える借り入れを希望するときには、これとは別に収入を証明するものが必要になります。審査では書類のチェックや在籍確認の電話、信用諜報などの調査を行い、これらに問題がなければその旨の連絡と、契約内容の詳細が知らされます。

 

審査に通らなかった場合には、理由は特にいわれることなく、融資ができないという回答のみが来ます。これまでに金融事故を起こしていないのに借り入れができなかったという場合には、仕事を始めたばかりで勤続年数が浅いこと、他社からの借り入れが高額になっていること、申告した収入が少ないこと、直近であちこちの金融機関に申し込みをしていることなどが考えられます。これらの事情を考慮して、申し込みをするタイミングには注意しましょう。